« Item46 ジャンクフード | トップページ | Item48 コミックで読むエジプト »

2010年5月28日 (金)

Item47 ドラマチックな展覧会

Torino_a_2 神戸市立博物館で開催中の「トリノ・エジプト展」に行ってきました。トリノとエジプトがどうつながっているのかと思っていたら、トリノにあるエジプト博物館の収蔵品が来ているのでした。トリノ・エジプト博物館は、ナポレオンのエジプト遠征に従軍し、フランスのエジプト総領事になった、イタリア人ベルナルディーノ・ドロヴェッティの収集品をイタリア政府が購入し、それをもとに創設した博物館だとのこと。なるほど、そういうつながりだったのですね。この博物館の特徴は、その展示方法で、米アカデミー賞受賞美術監督ダンテ・フェレッティによる、照明と鏡を駆使した彫像ギャラリーの演出が注目を集めているとのこと。今回の神戸の展示にも、その中から彫像が来ていて、まわりに鏡を張りめぐらせたり、後ろから光を当てたりと展示方法工夫を凝らして、神秘的な空間が創り出されていました。さすがはイタリア、おしゃれでスタイリッシュな演出は、他のエジプト博物館とは違うなと感心させられました。そのほかには彩色木棺や、死者の書、パピルス文書の美しさや精巧さに目を引かれました。最後のグッズ・コーナーでは、なんと山岸凉子さんのポストカード・セットを発見。絵と色の美しさに引き込まれて購入しました。『ハトシェプスト』『イシス』『ツタンカーメン』の表紙絵ですね。Torino_b


« Item46 ジャンクフード | トップページ | Item48 コミックで読むエジプト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Item46 ジャンクフード | トップページ | Item48 コミックで読むエジプト »